宇宙全史関連の書籍はこのページからの通販でも、全国の有名書店でもお買い求めになれますが、大阪の心斎橋・アメリカ村のまんだらけグランドカオスか、東京は中野のブロードウェイ4Fにあります「海馬」という精神世界専門のお店でも常時置いてありますのでお買い求めになれます。
中野店にて精神世界店舗人材募集
広大な精神世界の探求者・求道者に向いています。
あらゆるジャンルの精神世界古書を扱うまんだらけの新たなプロジェクト発動です。 このチャンスをあなたのものに!

回答・メッセージ

虚空蔵55

2018/3/22 No.385

やっと春分が過ぎました

暑さ寒さも彼岸までということで、春の彼岸が明けたということのようです

今日までは宇宙全史のワークが動くことの許可が出なかったので、だんまりを決め込んでいましたが、可能ならば明日からは少しずつ皆さんの質問にもお答えしていこうと思います

まずは講師のRIEさんのURL(ホームページ)が変更になったようなのでSO&SOが変更してくれているはずです
ご覧になって下さい


それではそのうちまたお目にかかります

虚空蔵55

2018/1/31 No.384

まだ書くエネルギーがないのですが、今夜はスーパームーンの皆既月食ですから、やはり特別な日です。

今年の月読之大神からのメッセージは

「架ける」でした

今回の変革では覚醒に向かう人とそうでない人たちが大きく分かれていくことになります(以前からそういう傾向はありましたが、これからもそうですが、益々その方向性が強くなっていきます)


2月3日過ぎから大きな変化が徐々に出てきます


少しマシになりましたが、それにしてもきつい負荷でした

みわも私もヘロヘロになりましたが、本日はギリギリワークを消化しています

そんなわけで「エゴ」の本の執筆が遅々として進んでいませんが、夏までには何とかめどをつけたいと思っています
(これで覚醒する人が結構出る気がしています)


虚空蔵55

2017/12/18 No.379

以前から陰始勢の圧力は高まってきてはいましたが、それがここに来てかなり強まっています。

正に東京オリンピックは開催されるというような勢いで来ています。

大元の陰始は息も絶え絶えといいますか瀕死の状態ですが、陰始に加味する思いの人間たちの勢いが凄まじいものがあります。

どうも人間たちも巻き込まれたいといいますか、そういう雰囲気で、その他大勢が断末魔のような勢いでなだれ込んできています。

「巻き込まれたい」というのは、それでしか生きている実感を得られないという人間たちです。
それが今爆発的に勢い強く増えて来ています。


ですから私たち宇宙全史に関わるものは現状驚くほどの負荷に晒されていますが、それより心配なのは、大元の陰始が息も絶え絶えなのに、陰始よりの人間勢がそこまで勢いづいていますと、限界が来た時のカタストロフィ(崩壊)の大きさが予感されます。


くれぐれも気を引き締め、平静さの中での祈りを忘れず、準備だけはキチンと整えておきましょう


くどいようですが異変を予見しているわけではなく、何事があっても動じないような心身と周りの準備は、いついかなる時でも必要なものです

人々の気づきが大きく広がれば、何事もない未来、小事で済む事象しか起きないこともあるのです

それには世の中的には目立たぬお仕事ですが、祈りが最も有効な皆さん方の使命になるのです

自らを救い世界をも救う祈りの徳は大きく皆さん方の運命を変えていきます

心してお祈りください
(これまでに祈りの力を自らのものとされた方は幸運です)



宇宙全史に関する質問、ご意見

名前
質問内容

いくと

2018/4/20 No.3569

2018・3・12
虚空蔵55様、みわ様

僕は頭の弱い本当のバカです。呆れられてしまうほどに…。
「甘えるのは良くない」ということがこちらに書かれていたことがございました。甘えるのではなく、希望をつなぎたい気持ちで書き込ませてください。


私は緊張しいで、それが人に伝わってしまいます。10年以上、そのような状況が続いています。

人が近づくと反射的に緊張してしまい、また緊張が簡単に人に伝わってしまい、周りにもあからさまに悪影響を与えてしまいます。

それは以前からあったことなのですが、それがここ1,2年ひどく悪化しているように感じられていましたが、最近はさらに悪化していました。

著しく症状が悪化しているので、早急にどうにかしなければならないと思いました。

原因には目星がついていて、人との関わり合い方に問題があると感じていましたが、自分ではうまく軌道修正できずにいました。僕はあまりにも頑なに過ぎていました。

自分一人では、もはやどうしようもないことは分かっていましたので、人を呼ぶことにしました。

そのとき私は人に触れることが一番効果があるだろうと考えていました。ですので人生ではじめてでしたが、そういうサービスを利用することにしました。

斜め上方向の発想でしたが、それ以外の方法を思いつくことができないほど、もともとの思慮が足りておらず、また切羽詰まった心理状態でした。

普通にパートナーがいれば良かったのですが、人付き合いを避けていましたので当然いません。

ですので一度だけ治療のつもりでサービスを受けることにして、自分の状態に変化がでるか様子を見てみようと思ったのです。

そしてその後、自分にとってはショッキングなことが起こりました。




翌朝起きてみるとまず身体に異変があり、あそこが使い物にはならないなという状態でした。

その夜は心理面にも影響があり、これはエネルギーも確実に乱しに来ているなと思われました。

ただ、それだけの衝撃がないと筋金入りの頑固さはとても修正できませんでした。


身体の方は、そのうち病院にも行こうと思っていますが、今の所あまり気にしておりません。
もともと無用の長物ではありましたので。

精神の方も、いくつかの気づきを得ることで、ひとまず収まっております。
気づきについて書かせていただくと、次のようなものです。


・謙虚さ

とても頑固で相手を受け入れることができず、さらにそこから生じる軋轢を無視する結果、それは不遜になっているでしょうし、わだかまりを消せないでいる。
「謙虚さは身を守る手段」というようなことがここで書かれているのを思い出しての気づきでした。


・ユーモア

不幸事に遭っても受け取り方次第で、トラウマにもすることができるし、しないこともできると思われました。そこで恐がるのではなく、自分を笑うことにしました。


以上の二つだけでも、精神的にかなり楽になっております。その他のところでは、



・自分の嫌な部分を見たくない(認めたくもない)がために、人と面と向かうことができなかったのではないかと思うようになりました。

ずっと自分の嫌な部分を見ないようにしてきたこと自体、良くないことでしたが、結果的に自分の良い部分も見つけ出せずにいるんだと思います。



・とても臆病なので、下手に行動しないことを選択し、受け身ばかりになっていることで、自分を不自由にしていたのもよくありませんでした。

他のことにも共通して言えることですが、度が過ぎていたんだと思います。



ショッキングな出来事を経験しないと、どうにもならないほど自分のエゴは凝り固まっていました。

自分のバカさ故の経験でもありましたし、きっと見かねた守護霊様が気づきを与えるために、いい塩梅(気づきが得られて潰れない程度)にしてくれたんじゃないかと思っています。

僕は自分の守護霊様が優しい方だと分かっているつもりです。素敵なプレゼントもくださいますし、僕がやはりバカをしでかそううとしたときにユーモアたっぷりに阻止してくださったこともありました。

謙虚さは人に対してというのもあるかもしれませんが、守護霊様や守護神様や五井先生に素直になるという意味合いでも理解しています。

今のうちに気づきを得ていないと本当に後がないので、毒をもって毒を制す方式になったのだと思っています。(僕自身もそのような心持ちで取った行動でした…)

結局は、僕がこれほどまでにバカでなかったら、そこまでやる必要もなかったのですが、どうしようもない、やはりクズだったということですね。



自分で自分をどうしようもない自分でしたが、バカな思いつきも「変わらなければ」という一心で取った行動でした。(追い詰められて、でしたが…)

行動の結果に、僕はとても驚かされましたが、そこでは想定外の気づきがありました。

僕がやらなければならないのは、この気づきを無駄にしないことです。今でも変わりたいという気持ちでいますし、真実を知りたいとも思っています。

自分が持ち越しているカルマを知りたいです。欲を言いますと、天命や魂の出自などもお伺いしたいですが、一番はカルマを知りたいです。

臆病なところは否めないですが、やはり向き合いたいです。どうか向き合わせてください。
(出過ぎた言い方になってしまい申し訳ありません。書き直した方がいいかとも思いましたが、やっぱり残しておきたいと思いました。どうぞ良き方に、よろしくお願い致します)


2018・3・14
虚空象55様、みわ様

昨夜より相当楽になっております。何度も何度もお手数をおかけしてしまい本当に申し訳ございません。

ありがとうございます。


人のことをどうこうできるものではないからと、自分のこともままならないからと、自分のことばかり考えて来ました。

それが満たされるようになって(やれなかったことができるようになって)、今度は目線を外に向けなければならないと思っていた矢先の不祥事でした。

ずっと、自分の人生は自分のもの、自分の命は自分のために使うものとのみ思っていました。

それは一面、間違っていないと思うのですが、拾ってもらった命という気持ちがあり、もはや自分だけのためだけに使うべきものとは思えなくなりました。

だからといって、特別にやれることはないでしょう。しかし本当にここの教えを実践することができたのなら、自然と人のためにもなるはずです。
(それができるかどうかが肝要で、自分はぜんぜんダメだったということです…)

少しく留意してみれば、自分のクズさを見出だすのは難くありません。勝手に湧き上がってきますので。

しかしクズさに対しての嫌悪感が強かったため、それを冷静に把握することは無意識に避けておりました。

人と向き合うことで、自分のクズさが一人でいるときよりも、さらに容易に湧き上がることもあります。

でもそういうときは、本当の意味では向き合えていないのだと思います。

あまり難しく考えるようなことでもないのかもしれません。とにかくクズさが出てきたときに、それを無視せずに祈りとともに観照することの方が大事ですので。

そしてクズさを笑えばいい。

でもやっぱりクズはクズです。僕は本当のことを何も分かっていなくて、分かっていないくせに、いや分かっていないからこそでしょうか?、自我は不遜です。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が全うされますように
守護霊様、守護人様、五井先生、ありがとうございます


2018・3・25
虚空蔵55様、みわ様

経過を書こうと思いましたら、久しぶりに掲載が開始されてた!
この頃、自身のことや家族のことについて整理して考えられるきっかけを得たように思っています。今回はそのことについて書かせてください。


●自分のことについて

まず自身のことについて書きますと、呼吸が改善されました。腹式呼吸がうまくできなかったのが、できるようになりました。

前の書き込みの後(それか翌日か・・)の就寝前に右の後頭部から「ピンッ」という感じの弾ける音とともに何かが抜けた感覚があったので、それがきっかけではないかと思っています。

体感的に、首のつけね、顎のつけね辺りが呼吸と関係しているように思われました。

以前、緊張しいについての質問をしたときに、守護霊様から「腹式呼吸」からということでご回答をいただいてから長い時間が経っていますが、ようやく・・です。


それと同時に、ようやく普通に人間らしい思考力だったり感情だったりで生きられそうです。

ずっと何かストッパーがかかっているような感じで、それを自分ではどうにもできなかったのですが、これもようやく改善できそうです。

やはり以前いただいた回答で、「いとこと比べられて、自分はできると思っているが、できないようにしてしまっている」ということがありましたが、これも長い期間を経て、ようやく何とかなりそうだと思っています。

関係あるかは分かりませんが、昨晩の夢でいとこが出てきました。回答でいただいたとき、年の近いは女性のいとこだと思っていたのですが、そうではなく、年の離れた男性のいとこのことだったのかと、夢を見て思い直しました。

男同士ということで幼いながらも対抗心が芽生えていたのかもしれません。でも気持ちだけで何もできなかったんでしょう。それを無意識に抱え込んで、ずっと引きずっていたのかと思うと、バカらしくもありますが。。

腹式呼吸ができるようになり、スイムも楽しくなってきました。いままでは、お腹に力が入らないので足が水中に沈んてしまったりして、ぜんぜん上手くなる気配がなく、あまり楽しめなかったのですが、ようやく人並みになれるんじゃないかとワクワクしています。


呼吸と同時に、人と向き合うこともようやく改善される兆しが見えてきました。

感覚としては、開くという感覚と閉じるという感覚が芽生えました。いわゆる心を開くとか閉じるという話しだと思うのですが、それをコントロールできるようになったみたいです。

開くと普通に接することできます。それはごく普通のことなのですが、僕にとっては革新で、ようやく普通になれるかと思うと気持ちも楽になりました。

今までは、どうしても開くことができませんでしたが、呼吸が改善されると自然とよくなりました。

開く感覚のときは息を吸うことに、閉じる感覚は息を吐くことに通じているような気がします。ここらへんの感覚は、もう少し自分でも精査してみようと思っています。


この変化のおかげで、これまで思うようにいかなかったことにも、前向きに力を入れていきたいと思うようになりました。スイムもそうですし、身体だけでなく、芸術方面や論理方面、もちろん仕事も。100万円の本のためにお金も貯めたいですし、とにかくやりたいこと、清算すべきこと、整理すべきことは多いです。願わくば、精神世界の探求も地に足つけてしていきたいところです。



●家族について

家族についてですが、もう実家には戻りたくないと思っています。親不孝をしたいわけでもなく、むしろできるなら円満にいたいのはもちろんなのですが、帰るとどうしても具合がよくありません。

エネルギーの搾取構造があるのではないかと疑って自分なりに分析してみたのですが、単なる思い込みなのか、やはり何かしかの搾取構造があるのか教えていただけたら幸いです。

両親はごく普通の方です。両親が云々というより、両親の両親(僕の祖父、祖父母)の代からそういう構造を持ち越しているように思えます。(本当はもっと前の世代も絡むのかもしれませんが、僕が推測できるのは祖父母までが限界です)


<母方>
母方の祖母が、よくわからない団体に手を出しています。僕の幼い頃から、その団体のアイテムがありました。それはシールだったり、シンボルの入った透明の石だったり、音声テープだったりです。

祖母は気丈な方ですが、祖父とその長男とが不仲であったり、主に家庭の心配事のために、何かすがりつくものが必要だったのかもしれません。

母も祖母の団体をライトな仕方で受け入れていました。ライトというのは、信仰はしないが、グッズの効果を期待するというものです。

なにかグッズの効果を感じることがあったからなのでしょうか、今でも母にはそういうところがあるようで、(僕からすれば正体不明の)水だったり、アロマだったりを好んで使用しています。個人でやるならまだしも、家族を巻き込んでいます。

去年は、アロマの力で陸上を優勝した人がいるとかで、いきなり僕の頭頂部にすりこんで来て「なんて事をしてくれんだ」と腹が立ちました。

本当にアロマの効果があったのだとしても、優勝したのはその人の努力で優勝するから価値があることで、アロマの力で優勝しても意味ないと思うのですが。

今では、僕が実家に帰ったときに、僕が寝ている間に何か仕込んでいるのではないかと疑ってしまうぐらい不信も抱えており、これももう帰りたくないと思っている要因のひとつです。


このような母のグッズ好きは、父あるいは父の実家への対抗するためのものだとも思えます。

母は自分(いくと)を生むために結婚したと、僕に話したことがあります。

よくあることではありますが、母はあまり父の実家が好きではないようで、また離婚も考えたことがあるようです。(一度だけ、離婚を考えていることを打ち明けたことがありました)

それは当人たちの問題ですから、僕がどうこうと思っているわけではないのですが、ともかく母は限られた環境で自分のやりたいことをして生きるために、自分以外の何かに頼ることを選択しているようなのです。
(その頼り先が、本当の慈悲を持っている方なら良かったのですが、そういう可能性は通常はほぼないでしょうし、たぶん絡め取られていると思います。)


<父方>
父方は父の姉が手かざしをやっていて、バッグにはどうやら団体があるらしく、そこそこの地位もあるように聞いた覚えがあります。僕から見ればおばですが、おばが僕の実家に来て、両親やリビングルームに何かを施していました。何をしているかは僕にはさっぱりですが、嫌悪感があります。

一昨年、父の兄(僕のおじ)がなくなりました。おじは実家ぐらしでしたが、おばがおじや(父方の)実家にも、よくわからない施術を施していることは容易に想像できます。

おじが亡くなった後の住まいを父はリフォームしています。たぶん、これをきっかけにして、実家(父方)にあった搾取構造を受け継いでいるように思えます。

といいますのは、僕が実家(両親宅)に帰ったとき、そして自分の住まいに戻った最初の日は、必ずと行っていいほど父の実家を舞台にした夢を見るからです。



両親とも、とても善良な方ですが、本人も知らないうちに良からぬものを引き受けているように思えます。それに対して、おそらく僕は特別どうすることもできません。一度だけ母に宇宙全史のことを話して、本も1冊与えているのですが、まともに受け止めてもらえていないようです。

実は昨日、実家から戻ってきたのですが、帰るのはこれを最後にしたいと思っています。実家を出るときに母と犬が見送りしてくれたのですが、なぜか犬がものすごく怒っていました。

僕がもう帰ってこないことを悟っていたのでしょうか?それとも何か別の理由が…?

弟が一人いるのですが、彼も早く実家を出ればいいのにと思わずにはいられません。でも平気そうにしてるので、僕だけにとって相性が悪い場所なのかな、という希望的観測もまだ持っています。

単なる僕の思い込みなら、それはそれで家族と普通に仲良くやっていきたいです。
もしそうでないなら、陰子とは完全に縁を断ちたい気持ちもありますので、もう帰るのはよそうと思っています。



世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が全うされますように
守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます


2018・3・26
虚空蔵55様、みわ様

昨日の家族についての書き込みについてなのですが、これぐらいの事の判断は自分でやるべきことだと思い直しました。

前より調子が良くなってきているとはいえ、まだまだ安定していません。

エゴと向き合いつつ、よくよく調整したいと思います。


2018・4・4
虚空蔵55様、みわ様

身体についてなのですが、いままでいかに不自然な有り様だったのかということを思い知らされています。みぞおち辺りから鎖骨下の胸部の筋肉あたりまで…、少しずつ調整しております。

人に対して当たりが強めになりやすいところも、妥協という仕方ではないやり方で和らげる必要性を感じたり…、とにかく人として練れていないので、こういう面でも一つ一つ洒落に近づければと思っております。

とにかくまずはスタートラインに着きたいところです。


2018・4・16
虚空蔵55様、みわ様

先週のことですが、就寝前にお腹に何かを入れられた感覚がありました。(エネルギーだったと理解しています)

物質体でなくとも下手に体を動かすのは良くないということなのか、入れられる時、体(肩あたり)を押さえられていました。

いやな感じはなく、入れられたものも体感的には結構な塊のようでした。

ただただ感謝です。


いくと様

最後のメールであなたに入れられたものは確かにエネルギーでした。
(肉体よりのエネルギーが注入されています)

それはあなたの集合魂があなたの守護霊を使って入れています。

あなたも着実に宇宙全史に馴染んできている方です。

どっぺんさんのところでも書きましたが、これから実に大変な世界に入っていきます。
それまでにここで皆さんは着実な進化を遂げておかないと精神的にも肉体的にも大変困難な状況に陥ります。
それを避けるために人それぞれ様々な段階があるのですが、あなたの場合は一つの段階としてそのエネルギーを入れられています。

ここに集う人たちには例の「月読之大神と五井先生のタッグ」光線が平等に注がれているのですが、それを受け取れるのはやはり人それぞれです。

例えばあなたの場合、夢というシチュエーションでちゃんと自覚できています。
どういう形であっても自覚できているとエネルギーは受け取れやすいのですが、自覚がないとやはりほとんどスルーしていきます。

問題はその人がどちらを向いているかということなのです。

ここでは同じことを何度も繰り返しますが、宇宙全史のエネルギーを受け取るには、

「祈り」

「エゴを薄くする」

この二つに尽きます。

それがないとどうしても自分自身でエネルギーを、救いの道を閉ざしてしまっているのです。
詳細は「エゴ」の本をお読みになるとハッキリとわかるのですが、出版はまだまだ先になりそうです

どんなに楽になりたくても、少しでも幸せになりたくてもどうしてもそうならないのは祈ることができなく、エゴを薄くすることもできないからなのです

一言でいってしまいますと「感謝」がない人は受け取ることは出来ません

そういう人は「不平不満」や「恐怖」の方に向いてしまっていて、どうしてもエネルギーをそちらに無駄に浪費してしまっています

あなた方はあなた方のエネルギーをどう使おうと自由です

「感謝」に使い、「祈り」と「エゴの希釈」に転換できるか

「怒り」「不平不満」「恐怖」に使用して憔悴していくのか

それがあなた方にゆだねられた

「自由」



虚空蔵55

どっぺん

2018/4/20 No.3568

2018・3・30
虚空蔵55様 みわ様
いつも拙い質問に深い御指導を賜りまして、どうもありがとうございます。
御教示いただいたBBSを拝読する前に、非公開情報No.11を開いてみましたら、16ページに、「初期段階の覚醒とは「霊道が開く」「開きつつある」という状態のまま、あらゆるエゴにとらわれず次の段階の覚醒、またさらに次の段階と救世主に相応しい覚醒段階を求めていかねばならない」と既に教えていただいていました。救世主でさえそうであるならば、あとは推して知るべしと、自分の姿勢を反省しました。
㈰実存をもっと深く落とす、そのあたりにずっといる、この言葉にしがたい瞑想での自分の状況のコントロールは自由がききませんが、引き続き精進、精進、精進致します。
この深く落とすやり方について是非一度詳しく御教示をお願い申し上げます。

「架ける」を全く独り合点で勘違いしておりました。私の真我に架ける様頑張ります。
仏陀に関する質問も早とちりと誤解をしておりました。申し訳ありません。
五井先生がおられるだけでこの宇宙に慈悲が拡がり渡っておりました。

㈪前々から一つ質問したいことがあったのでよろしければお願いします。
生前の御著書で、五井先生は阿難と親鸞に霊的に親密な関係があると示唆しておられますが、虚空蔵様がいつかBBSで、五井先生は「法然のようなお方」とお書きになったことも覚えております。
この二人に関してもしよろしければ、「誰が地球に残るのか」 の観点から御教示いただけませんでしょうか。よろしくお願い申し上げます。どうもありがとうございました。


2018・3・31
虚空蔵55さま みわ様
おはようございます。今朝、昨日教えていただいたことを踏まえて、この無がエゴであることを認識して瞑想に臨みました。霧が晴れてまいりました。ありがとうございます!精進、精進、また精進致します。


2018・4・17
虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なる御指導ありがとうございます。
あれから深く深く真我へ向けて落とし込む作業を自分なりに継続しています。
この無がエゴであると御教示いただいたことは大変参考になりました。
真我に到達する道筋あるいは方法論をあれこれと試しながら、この暗闇の中をさまよっておりましたら、いつしかこれまでエゴの中心であると認識していた部分から真我に入るのが本筋だと気づかされまして、その「見ている人は誰か」の部分が変容してまいりました。
それと関係あるかどうか分かりませんが、日々の仕事で行っている患者の問題点の明確化と対処が向上いたしました。これまでも御支援いただいている筋からの御指導をより深く受け取れるようになったと思います。
今朝の瞑想で以前真我に瞬間的に到達したあたりに入れたと感じたのですが、まだまだでしょうか。御指導をお願い申し上げます。


2018・4・17
追伸
虚空蔵55様 みわ様
先日RIE様の御指導を電話で受ける機会が得られました。りえ先生の指導しておられる運命学における自分のチャートをご解説いただき、大変参考になることが多く、ありがたい時間でした。電話で1時間半お話をさせていただいたのですが、大変すばらしいお人柄、すてきな方でした。お知り合いになれてうれしかったです。また勉強させていただきます。


どっぺん様

月読之大神からです

「道なかばだが着実に進んでいるようだね」

あなたもそうですがすべからく人はエゴを保持したまま真我(実存)に入ることは出来ません。

何度でもいいますがエゴの希釈は重要な(ほぼ唯一のメソッドになります。

正直に言いますとどっぺんさんレベルで実存をどうのこうのいえるレベルには本来ないのです。
それがここまで来てしまっているというのは、やはりここに(宇宙全史)に深く関わって来ていたからです。

私自身のことは薄っすらと初期段階から分かってはいましたが、皆さん方がこういう段階に向けて進んでいけるとは正直半ばあきらめてもいたのですが、このワークは実に思いもよらぬ驚きをもたらしてくれています。

それはあの「百万円の本」を受け取れる人間はおそらく出てこないだろうと思っていた私にとっては大いなる誤算だったわけです。

あなたは何と今の段階では大学に入学したレベルに達しています。

しましまだ入学したばかりです。

大変なのはそこからです

まだまだ質問は出てきますが大学卒業あたりになりますと、やがてそれも収束していきます


並外れてすごいのは

月読之大神と五井先生がタッグを組んだところです

それに乗っかれたあなたの幸運は

如何ほどのものなのでしょうか



虚空蔵55

RIE

2018/4/5 No.3567

虚空蔵55さま、みわさま

こんばんは。
母のこと、いろいろ教えて頂きありがとうございました。「母と同じような天命を持つ」そのようなことは、これまで全く考えたことはありませんでした。


ただ、子供の頃から感じていたのは、間違いなく私は、父の縁ではなく、この母の何らかの縁に引き寄せられて、今回、子供として生れたのだろうな…と感じていました。

>お二人はその両輪がバランスを取らないといけないのですが…
>片方だけではダメみたいですね。

この言葉を、しばし、考えていたところ、行動として思いつくことがありました。それを行ってみようと思います。その先にまた、何か両輪となるような気づきや、流れが起こるのかもしれないと思い至っています。


今回、転生における忘却システムとは見事なものだな〜と改めて思いました。
母に「お母の人を治す能力って、前世で卑弥呼の時代に、卑弥呼の巫女集団の中のひとりとして培ってきたものなんだって。卑弥呼って知ってるでしょう?」と
聞いてみたのです。私は、母が、何となく興味あるとか、時代的に好きだとか、関連づくようなことを言うかと期待したら…


「卑弥呼?聞いたことあるね〜。どっかの殿様の奥さんだろ?」でした^^


前世で培った何らかの才能や形質、因縁因果や徳は、今世に継承されても、どんな時代の、どこの国で、何をしていたのかといった、状況や環境の印象は、当たり前ですが、ものの見事に記憶や感覚、興味の対象の残滓にさえ残っていないものなのだな〜と思いました。母の場合は、歴史を知らないにもほどがありますが(笑)


これまで20年以上も祈ってきた母。虚空蔵55さまに書いて頂いたように、この先、母が「自分の縛り」から解放されて天命を生ききり、集合魂のカルマからも解放される人生を全うできるよう、今度は私が、母のことのみならず、祈り続けていこうと思っています。ありがとうございました。


世界が平和でありますように。
私たちの天命が全うされますように…。

2018・3・30
RIE様

●宇宙全史における「集合魂」の概念は非常に大切なもので、人の転生の基本になる概念です。

RIEさんは宇宙全史に出会ってまだ日が浅いのでやむを得ないというところもありますが。

人は死んだら大きく分けて二通りの行く末があります。

@大概の人は現世での有り様をよしと出来ずに(つまりうまく生きられず)幽界で迷う

Aその人生においてほぼ合格点をとり、集合魂に戻る

このAの場合の集合魂に戻りますと、通常は集合魂の中に溶け込んでいきます。
そしてその人生で培った形質や癖、経験、感情、記憶などもすべて集合魂に吸収されてしまいます。

そして次にその集合魂から出てくる(地上に派遣される)魂は、前に出た人の記憶や形質を完全に備えているか、覚えているかといいますとそういうわけではありません。
大概は薄れてしまっているか、まったく関知していないことがほとんどです。
たまに新たに出る生において前のカルマの修正があるため、わざわざ前の記憶や傾向を植え付けてくる場合がありますがそれは稀です。

どうも私たちは「覚えている」とやりにくいようです。
いったん忘却して、その上でどう出るかは一種の恩寵かもしれません。


ですからあなたのお母さんが卑弥呼時代を覚えていないのは当然で、ましてや間に沖縄時代を挟んでいますから、余程のことがない限り思い出すこともないでしょう。

そもそもこれまでの宗教話や精神世界における前世譚が怪しいものだということです。
有名人や犬猫獣の類を前世に持つということはあまりありません。

だからお母さんのケースで卑弥呼の側近というときは少し驚いたのです。



虚空蔵55

どっぺん

2018/3/30 No.3566

2018・2・1
虚空蔵55様 みわ様
いつも大変な御尽力をいただきまして、まことにありがとうございます。感謝を形に表すことに勤める年と致します。月読之大神にいただきました「架ける」というメッセージが私にとって何を意味するのかを思慧しております。新しい年はこれからでした。よろしくお願い申し上げます。



2018・2・7
虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠な御指導を賜りましてありがとうございます。
今日は拙い報告をさせていただきます。
先日御指導いただいてから、真我=実存をもっともっと深く落とし込むことに努めてまいりました。
今回月読之大神のメッセージが「架ける」であると御教示いただきましたので、畏れ多いことでありましたが、私にもお授けいただきますようにお祈りをしておりました。
そして、本日先ほど、朝の瞑想の後半、全てが「これが霧が晴れたということか」と感じる局面になりました。今ワンネスの中に居ります。何もなく、全てが充実しています。
月読之大神 御指導を賜りまして真に有難く存じます。
私のエゴは、月読之大神にまた突き放されるのが怖くて怖くて、敬して遠ざかっていたがりますが^^;、それをなだめて、(実は非常に深くあこがれておりまして、特に神が哲学を語るときはこういう展開をされるのかとか、どんな話題も縦横無尽で、興味深く驚嘆することばかりでして、多分自分は全然分かっていないに違いありませんが、阿呆なファンです)、お祈りをさせていただきました。こころより感謝申し上げます。
更に精進致します。ありがとうございました。



2018・2・27
虚空蔵55様 みわ様

いつも深遠なる御指導ありがとうございます。

No.384で御教示いただきましたことを噛みしめながら日々過ごしております。この一か月間の私の真我の変容はこれまでにないもので、「自己喪失の体験」に似たものになって来ています。その境地を体験させていただけるのも、虚空蔵55様に守っていただいているからで、そうでなければ、様々なものにすでにぼろぼろにされていたことでしょう。大変ありがたく存じます。

ここに至って、なぜ「エゴ」の本をお急ぎいただいているのかが、少し分かるようになりました。これなしでは勧めず、ここが最大の難所の一つになるのですね。

覚醒に至る自信は全くありませんが、大切な御本を勉強させていただきます。昔買って積読していたクリシュナムーティの「自我の終焉」を最近興味深く読めるようになりました。これまで私のエゴが避けて通っていたところでしたので私にとりましては大きな変革です。ここが覚醒への道だったのだと遅ればせながら気づきました。どうもありがとうございました。

本日は質問があります。

@今目を閉じると全くの無になるのですが、これは私の四次元以降の本体が、それを今の私が把握することが出来ないためにそういう様相に映っているのでしょうか。完全になると無になるという無或いは実存そのものとは違うと思います。

Aその実存というものは、三次元の身でも、覚醒するということにより、小菅正三が「次元と認識」で言っているような感じでよりいわば何か立体的に見えてくるのでしょうか。三次元の五感の認識に縛られている身では、見るとか聞こえるなどを認識するイメージに使ってしまいますが、五感を超えて、より直接的、直感的に意味が認識されるのでしょうか。

B集合魂がカルマという形でエゴから自由になることが出来ていないのは、高次元であってもその問題が自動的になくなるわけではないのだと思えます。それが発現しているのは、魂が個別化した後の体験で生じたものと思われますが、それから自由になったら、完全に消滅してしまえるのかなどと考えています。仏陀はそういう風にお消えになられたのでしょうか。仏陀が存在していたときといま存在していないときとではこの宇宙にとって何が変わっているのでしょうか。

以上、拙い質問で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。



2018・3・19
虚空蔵55様 みわ様 いつもありがとうございます。日々大変な戦いをしていただいていると拝察し、感謝とともに心配しています。 今回の変革で月読の大神に、私をイルプロラシオンのマスターに「架けて」いただいたのではないかと感じています。真我を強く感じるようになりました。目を閉じると完全な無になります。これまでで最深です。定着していけばいいのですが、牛歩の私にとって大変大きな変化です。これらすべては虚空蔵55様のおかげです。ありがとうございます。引き続き精進致します。どうかお気をつけて。今後の御指導よろしくお願い申し上げます。

どっぺん様

あなたは今非常に難しいところにさしかかっています。

精神世界の道程はいつもそうなのですが、ちょっと危険なところという意味もあるのです。


@    今目を閉じると全くの無になるのですが、これは私の四次元以降の本体が、それを今の私が把握することが出来ないためにそういう様相に映っているのでしょうか。完全になると無になるという無或いは実存そのものとは違うと思います。

●その通りです。
ただ「四次元以降の本体」という言い方は語弊を招きやすいので、単純に「エゴ」で充分です。



A    その実存というものは、三次元の身でも、覚醒するということにより、小菅正三が「次元と認識」で言っているような感じでよりいわば何か立体的に見えてくるのでしょうか。三次元の五感の認識に縛られている身では、見るとか聞こえるなどを認識するイメージに使ってしまいますが、五感を超えて、より直接的、直感的に意味が認識されるのでしょうか。

●「実存」或いは「真我」どちらでも同じなのですが、それを表現する手段はこの世にはありません。
五感を脱して初めて見えてくる領域です。
そして五感を通じて見る世界とは「エゴ」そのものですから、エゴからの脱却が「完全覚醒」にとっていかに大事かがわかると思います。



B    集合魂がカルマという形でエゴから自由になることが出来ていないのは、高次元であってもその問題が自動的になくなるわけではないのだと思えます。それが発現しているのは、魂が個別化した後の体験で生じたものと思われますが、それから自由になったら、完全に消滅してしまえるのかなどと考えています。仏陀はそういう風にお消えになられたのでしょうか。仏陀が存在していたときといま存在していないときとではこの宇宙にとって何が変わっているのでしょうか。

●集合魂にカルマがあるのは、集合魂のエゴがあるからです。
或いはエゴがあるから集合魂があるといってもよいでしょう。
集合魂がカルマから自由になった場合、その行く末はそれぞれです。
つまり集合魂の段階により消えていくものもあれば、より高い段階に行くもの様々です。

私はブッダが消滅したとはいっていません。
「この宇宙からいなくなった」といっただけです。

ブッダがいなくなったこの宇宙には減じたものも乗じたものもありません
そしてブッダはこの宇宙に自らの跡を継ぐものを残しています

ただ一条の慈悲の光芒を

ただ一仄の慈悲の芳香を

ただ一影の慈悲の気配を

もはやこの宇宙に聞くことはないのです

それはこの宇宙に慈悲がなくなったというのではなく

彼らがそういう存在だったということです



さて再びあなたの境涯についてです。

一瞬ではありますが真我(実存)に入っているにもかかわらず、相変わらずイルプロラシオンマスターなどといっているようでは先が思いやられます。

精進、精進、また精進ですね



虚空蔵55

Kazu

2018/3/30 No.3565

虚空蔵55様、みわ様、
今晩は皆既月食で明日からは2月ですが、新しい動きがあるのでしょうか。皆既月食を見ているとその影の部分に地球の存在を感じられ、生かされていることを再確認できました。

2018・1・31

スーザン

2018/3/29 No.3564

2018・1・26
虚空蔵55様、みわ様

いつも大変お世話になっております。こちらが勝手にかもしれませんが、いつも宇宙全史で学ばせて頂いている恩恵を感じております。ありがとうございます。

私の方は、日々やるべきことに追われ、中々祈りを深められないもどかしさを感じつつも、何とか五井先生にすがらせて頂く毎日です。いつもありがとうございます。

現状、至らぬところは数知れず、といった感じですが、今後もブレずにこちらで一生懸命学ばせて頂きたいと思っております。2018年もよろしくお願い致します。



2018・2・26
虚空蔵55様、みわ様

本日もお仕事や宇宙全史のワーク、肉体改造等でご多忙のことと思われます。いつも本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

私はと言いますと、本日も己のエゴと伸るか反るかのつばぜり合い中でございます。日々自分の不甲斐なさに直面しておりますが、これも現状の私と受け止め、日々がんばっております。五井先生の祈りは忘れずに祈っております。

そんな毎日ではございますが、私も徐々に宇宙全史の理解を深めるべく、フラクタルやエントロピーの勉強を始めたいと思うようになりました。そこで、まず手始めに「複雑性の探求」というみすず書房から復刊された本を手に取ってみましたが、私には難易度が高く、文字通り手に取っただけで終わってしまいました。

しかし、そこから得た私なりのヒントがありましたので、こういった道筋で学んでいこうというプランは立ててみました。まだまだ時間はかかるかもしれませんが、一歩づつ進んで行きたいと思います。

なぜ、今になってそんな気を起こしたのかと言いますと、もちろん以前から希望はあったのですが、あまりにも自分が不甲斐ないので、せめて学ぶ姿勢だけは見せることで、なんとか宇宙全史のワークにぶら下がっていきたいと思ったからです。

ただ、少しでもかじってみると何だか面白そうな感じもしてきておりまして、いつかはこういった分野でも何か仕事が出来れば良いなと欲が出てきております。
私の専門とは遠からず近からずといった分野のはずですが、如何せん能力には限りがありますので、今は夢のまた夢ぐらいかもしれません。

一つの目標として大切に持っておきたいと思います。

本日も大変騒がしくご迷惑をお掛けしました。またがんばってやっていきたいと思います。

ありがとうございます。



2018・3・27
虚空蔵55様、みわ様

いつも大変お世話になっております。ありがとうございます。私は今のところ、虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読之大神を始め多くの方々の恩寵により、まともな生活を営ませて頂いております。吹けば飛ぶような程のものですが、なるべく感謝を忘れずにいられるよう、進んで行きたいと思います。

最近、ふと以前のBBSを見返していたところ、1年前あたりの私の投稿を発見し、またバカが何か言ってるなと思って読んでいたのですが、あまり1年前の私をバカに出来ない現在の私がいるため、まだまだがんばらねばと思っております。

1年前に頂いた御回答では、「エゴを薄くする」「肉体身からの要求をなるべく俯瞰する」という命題に取り組んだ方が良いでしょうとおっしゃって頂きました。1年前にやはりおっしゃって頂いたように、性欲に溺れている私の肉体は、五井先生の祈りを中々受け入れてくれないようですが、一念発起し、再挑戦してみようと思います。

「抽象に基づく」創造とは、今の私には遥か彼方の境地ですが、しかしながら、色々な学びを経験した後にいつかは... というかすかな希望を持ち続け、1年前に頂いたアドバイスを実行に移してみたいと思います。

本日もお忙しいところ誠にありがとうございました。今からでも一歩づつ、前向きに進んで行きたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

シャギー

2018/3/29 No.3563

虚空蔵様、みわ様。

今朝の午前3時頃、私が寝ていると突然、ゴー!と音がして初めは何の音か判らずそのままにしていましたが、何度もゴーと鳴っては止まるを繰り返すので、不思議に思い確認すると、床に置かれているドライヤーが誰も触ってない状態なのに、温風が出ては止まるを繰り返していました。

誰も触っていなくて、しかも深夜3時頃、それにスイッチボタンを押さなければ温風が出ることもないはずなのに、勝ってに動き出していました。

気持ちの良いものではないので、コンセントから抜いてしまいました。
何かが起こっている事は解りますが、確認が出来ない事なので報告までに送ります。

実は別のコンセントがその日の晩にショートして火花が出た、その数時間後なので、何かが起きていると感じたのです。

私の身体にの色々不安になるような事が起きているので、何でも無い事を祈るだけですが。

2018・1・25
シャギー様

「私の身体にの色々不安になるような事が起きているので、何でも無い事を祈るだけですが」

●あなたの状況に正確にお答えしようとすると本一冊書ける文章量が必要になってきます。

しかし簡便な説明ですとここでもお答えできますが、それで果たして理解して頂けるかどうか…難しいところです。

その夜のあなたの状況は、あなたが自身でドライヤーを切ったりつけたりしています。

ただし、

@あなたは夢遊病者のようにつけたり切ったりしていますが、そのことを覚えていません

AあなたはADHD(注意欠如)のような資質を少し持っておられます

Bそのためその夜の出来事だけでなく、日常様々な事象で困ったことになっているはずです

Cそうした事象をあの世と関連するような出来事(不思議)と勘違いすることで責任転嫁をしているということがいえます


こうした原因がわかりまして「ではどうしたらよいのか」ということが判然としません。
元々のあなたの資質の問題ですので、事象とその本質をよく見極め(これは大変ですが、今ここで教えて頂きました)、やるべきことを粛々と果たしていくだけです

そいてもちろんやるべこととは祈りです



虚空蔵55
(これで本一冊がかけるといいましたのは、こうした事象はシャギーさんだけに起きていることではなく、またこうした一見不思議に見えることだけでもなく、ましてやADHDの方々だけでもなく、広く一般の皆さん方にも普通に起きていることなのです。つまり普通に生きていること、何も不満がない人生においてでも実はそこには大きな勘違いが隠されているといいますか、勘違いの下に生きているのです・それがやがて出される「エゴ」の本では明らかにされていきます・それで多くの人たちの迷妄が解けていきますように)

コウジ

2018/3/28 No.3562

宇宙全史を読むと、地球以外の星から生命体が来ていましたが、鳥山明先生の代表作ドラゴンボールに登場してくるキャラクターは正しく地球にやって来た生命体とイメージが重なりました。漫画家が想像(未知)する世界は、過去や未来の領域を現実の世界に写し出す力があるのでしょうか。教えてください。

2018・1・16
コウジ様

「漫画家が想像(未知)する世界は、過去や未来の領域を現実の世界に写し出す力があるのでしょうか」

●あります。

この後来るあなたの細かな質問は他の方たちの質問同様順にお答えしていきますのでしばしお待ち下さい(長いお答えになる質問は少し後回しになります)



虚空蔵55

港山淡水

2018/3/27 No.3561

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読之大神様

どうも、ご回答ありがとうございました。

非公開情報8のp65の4行目に「世界人口の2〜3%」という数字がありましたので、

この数字は、陰始のいる「現在」から「過去」への転生の割合だと思い、

陰始のいない「未来」から「過去」への転生と比較しておりました。

失礼いたしました。

2018・3・27
港山様

なるほど確かにありました。

しかし過去への転生という意味ではその数字は同期しません。

これは「時間」というものの本質(意味)を含む命題になっていまして、中々簡単に説明できません。
いずれ以前からお約束しておりました「時間」の解明はどこかで果たす所存ですが、今ではありません。

つまりあなたの仰る「過去への転生」とは「どの世界線の過去か(世界線は未来へも過去へも分岐します)」という問題も含めて検証していかねばならず、またそこに「地球が受け持つ時間(これはまだ皆さんに全く説明していない項目ですが)」、「進化した人類が受け持つ時間」という要素も絡んできます。

いずれにせよここでは説明しきれないことです

「時間」は「エゴ」とも大きな関連を持っています



虚空蔵55

かい

2018/3/27 No.3560

虚空蔵55様 みわ様
返信ありがとうございます。
早く寝てお祈りをし身体を治し以前言っていただいたように行動できたらと思います。
ありがとうございました。

2018・3・24